広告作成の基礎知識 デザインレイアウトの法則を学ぶ01-基礎編

視線誘導のテクニック-基礎編「レイアウトの法則」 

    • 準備編「ゴールを設定」
    • 基礎編「レイアウトの法則」
  • 延長線上の法則
  • 対比の法則
  • 空間把握の法則

プロのレイアウトにはいくつかの法則があります。暗黙の物も有れば、印刷上の技術的な標準規則は「組版ルール」(ページネーション)として存在しますので、そちらを検索してください。ここではデザインレイアウト面での法則を解説いたします。

1.レイアウトはじめの一歩

レイアウトを考える前に制作物の目的を確認しましょう。例えばあなたのお店のオープン告知や新商品のお知らせなどは、直接売り上げに繋がる物では無く、お店の取り扱い商品や特徴、新商品の新機能や特性などがチラシを見た人に伝われば良い物と、キャンペーンやDM系の広告では、直接の反響を求めます。言い換えるとチラシを見た人が「良い商品だなぁ」と覚えて購入時の選択肢に入れてもらえれば良いのか、直接メールや電話で問い合わせてくれたり、そのチラシから、予約を入れてくれたらよいのか、はっきり目的を決めて制作にかかるべきです。

次にレイアウトテクニックですが、技術的到達目標は視線の誘導が最終の目的に添っているかが一番重要です。上手い広告、綺麗なレイアウトとはチラシを手に取ったユーザーが制作者側の意図を自然に受け取れる物なのです。

2.情報の分析をしよう

折り込まれたチラシを良く観察してみると、紙の質や、両面印刷と片面印刷など、いくつかの種類に分かれるかと思います。その中で気がつくのは、殆ど同じ大きさなのだけれど微妙に大きさの違う広告がある事に気がつきませんか。さらに良く観察すると紙の四方が白く抜けている折り込みと、写真や地色が隅まで全部塗られている物があるはずです。

これは袋断ち印刷と化粧断ち印刷の違いで、印刷用データ(版下と呼ぶ場合もあります)作成方法も違うので注意も必要です。袋断ちの場合は紙の中に3~5mm程度余白を残しその内側に印刷します。四隅に白い部分のある物がこのタイプです。化粧断ちは3mm外側に印刷用のデータを大きく作り、印刷後四辺をカットして仕上げる方法です。袋断ちに対し化粧断ちは四辺をカットする分小さく仕上がり、裁断分のコストがかかります。どちらを使っても自由ですが、袋断ちは情報を中心とした広告や、比較的安価な物を作るの向いています。化粧断ちはイメージ重視でどちらかというと高級感を求めるのに向いていますので、紙の厚みと合わせ、用途によって使い分けが出来るとデザインの幅が広がります。次はレイアウトの第一法則です。→

    • 準備編「ゴールを設定」
    • 基礎編「レイアウトの法則」
  • 延長線上の法則(レイアウトグリッド)
  • 対比の法則(ジャンプ率)
  • 空間把握の法則(カウンタースペース)